Tark_IOLのヘッドカノン

 こんにちは、皆さん。私は財団外宇宙支部所管、サイト-0012、通称ツィオルコフスキークレーター基地所属のイレーネ・ハーケ博士です。専門は外宇宙心理学で、ファーストコンタクト時の地球外知的生命体の心理について研究しています。ちょっと遅刻の人が来るまで話しましょうか。

 ええ、おかけになってください。ああ…座りなれてないんですね。手すりがありますからそれを支えにして、ベルトで体を固定してください。慣れれば大したことはありません。ほら。

 私の専門は前述の通り、ファーストコンタクト時の地球外知的生命体の心理を研究することなのですが、そもそも知的生命体の思考というのは文化・社会背景に大きく左右されるのです。行動も同じですね。例えばサムズアップは、英語圏では肯定的意味を持ちますが、中東では侮辱と取られます。
 ファーストコンタクトで手を振ったり、旗を上げたり、発光信号を送ったりしたとき、それが相手を怒らせる行為だったとしたら…。そしてこれらが発生したときどう対処すればよいか。文化研究にも隣接する分野なのですね。

 ううん…取り敢えず5分過ぎたので、始めますね。

 えっ?ベーグルは無いのかって?ここではできる限りの自給自足が原則です。ベーグルを運ぶエネルギーがあれば、より多くの資材や水といったものが運べるのですから。
 そのかわりにクッキーをどうぞ。テーブルの上に飲料パックと一緒に無雑作に並べられている、そう、それです。保存用なので、味と硬さが気になる人は紅茶で流し込んでくだ…ごめんなさい。
 先程お配りした封筒の中に個人カードが入ってますから、マトモな食事にありつきたい人はこの後食堂に行って、スペシャルランチでも頼むと良いでしょう。培養肉とか微生物と言われると薄気味悪いかもしれませんが、ここでも美味しい生活を維持したい職員達の努力の結晶ですから。

 では、気を取り直して。

 これから貴方達の配属先である"外宇宙支部"はここ月の他、太陽系各地に施設を持つ、財団の宇宙担当組織です。外宇宙支部には地上の各"支部"に匹敵する権限と財産が与えられています。

とはいえ、これから皆さんが配属される外宇宙支部の勤務環境は正直に言って、地球上より制限されたものになるでしょう。太陽系外縁の基地では非常用の備蓄を除けば必要以上の物資は手に入ることはありませんし、節電、節水が欠かせません。
 月は地球に近いこともあり、設備環境が整っていることから、比較的自由はありますが、水や食料、空気は勿論の事、物資、エネルギーの浪費は地上以上の罰則付きです。場所によっては罰則は給料からではなく、その命で払って頂くので、月勤務は幸運ですね。

 コホン…。はい。

 新人職員の何人かが始末書を書いている裏では、配分の再調整や輸送物資の内訳変更といった多くの仕事が実行されることになります。大丈夫、これは新人職員が配属されたときの恒例行事です。

 財団の理念は、確保(Secure)、収容(Contain)、保護(Protect)ですが、私達"外宇宙支部"の仕事は言ってみれば、探査(Search)、発見(Discover)、観察(Observe)です。観察は研究(Research)としてもいいですね。

 外宇宙に存在する異常存在の多くは、残念ながら我々の知をもっても不可解なものだけでなく、地球から光年単位で離れているもの、実在こそ明らかだが見つからない、見つけられないもの、地球に接近した場合最悪人類が滅ぶもの、といったそもそも収容不可能なものもあり、収容に地球上での倍以上の手間がかかるものが殆どです。
 そのため、研究が"外宇宙支部"の主な業務と成ります。これは外宇宙に進出した頃から多少の差はあれど、変わりません。

 この点においてはGOCも同じであり、外宇宙においては、財団とGOCは地上と同様の友好的関係を維持していると言えます。技術共有協定も締結されていますし、そもそも、宇宙ではアノマリーを破壊することは難しいですからね。とはいえ、たまに"不慮の事故"が発生してしまうらしいですよ。
 一方、国家の宇宙開発機関との関係は友好…というよりは財団側が利用する形が多いです。いま椅子に座っている人の中には、組織にいた時、優秀な人材がどこかに引き抜かれたり、謎の宇宙船を見つけたと喜んでたら闇に葬られたりした人もいるでしょう。それが幽霊のような秘密組織のせいだという噂もご存知のはず。ようこそ、今日から貴方も"幽霊"です。

 さて、このオリエンテーションはあくまで"外宇宙支部の"オリエンテーションの為、これから皆さんの配属先で業務別のオリエンテーションが行われます。

 はい。終了時刻も迫ってきたのでオリエンテーションを終了しようと思います。

 あと、最後に慌てて入ってきたそこの貴方。入り口においてある封筒、忘れずにもらっていってください。その中身がないと業務も食事も睡眠もできませんよ。

 最後に一つ。ヴェルナー・フォン・ブラウンの言葉を借りて。「新人職員にとっての2つの大きな問題は重力と事務仕事だ。月の重力にはじきになれるだろうが、事務仕事は時に圧倒的すぎる」。

 お疲れさまでした。解散です。後ろの扉からお帰りください。ああっ、慌てて立ち上がらないで…!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ・ライセンス-表示-継承 の元で利用可能です。